動画配信比較

au ビデオパス と dTV を比較 どっちがお得?

大手携帯電話会社が運営する動画配信サービス はどんなのがある?

●NTTドコモ が運営する dTV

●aU が運営する au ビデオパス

●ソフトバンクが運営する UULA[ウーラ](※2017年3月31日終了)

ウーラはサービスが終了したため実質 「au ビデオパス」と「dTV」の選択となります。ただし、au ビデオパスはau IDが必要なので原則、(auひかりなども含む )auユーザーでないとauビデオパスを利用することが出来ません。(2017.3.31現在 )

※auビデオパスは2018年8月2日より、au以外のユーザーも有料コンテンツを視聴可能になりました。 ※au以外の方はWow!IDの発行が必要です。

(※dTVもdocomoIDが必要ですが、誰でもIDが登録できます)

料金の違い

見放題の金額

au ビデオパス 562円(税抜)30日間無料お試しあり 毎月540コイン (有効期間は45日間)

dTV 500円 (税抜) 31日間無料お試しあり

※その他のコース
au ビデオパス(個別課金・作品による)(税抜) R-20見放題プラン月額2,500円(税抜)で最大120本視聴可
dTV 100円~(税抜)

作品数

au ビデオパス 1万本 程度 (※課金作品含む)

dTV 12万本
※国内定額制作品数NO1(2018.8時点)

また、dTVはVRにも力を入れており、作品が続々配信数上昇中!

対応機種

スマホ、タブレット、パソコンについてはほぼ au ビデオパス、dTV ともに対応している。

テレビに関しては
dTV
dTVターミナルを利用する
dTV対応テレビを利用する(詳しくはコチラ)
dTV対応Blu-rayプレーヤー/Blu-rayレコーダーを利用する(詳しくはコチラ)
NexusPlayerを利用する
AN-NP40を利用する
Apple TV(第4世代)を利用する
※第2世代、第3世代のApple TV ではAirPlay機能をご利用いただくことでTVでご視聴いただけます。
Amazon Fire TVを利用する
Fire TV Stickを利用する
Chromecastを利用する
ひかりTVチューナーを利用する(詳しくはコチラ)
光BOX+を利用する(詳しくはコチラ)
スマートフォン、iPhone/iPadとテレビをHDMIケーブル(※別売り)で接続する
SmartTV dstickを利用する

とdTVが対応製品の記載が細かく書いてあり、多くの機種にも対応しています。

au ビデオパス

※au ID及びWow!ID でログインすることによりスマホ・タブレット・パソコンなどいろいろな媒体で視聴することが可能。(au IDはau 契約者。Wow!IDはそれ以外の契約者)

au IDでの対応端末
(Apple TV(第4世代)、Chromecast、Smart TV Box / Smart TV Stick、STW2000(auひかり)、Panasonic TV(VIERA))

8月2日時点での、Wow!ID 対応端末は次の通り。
iPhone iPad Androidスマートフォン Androidタブレット Chromecast
Wow!ID でログインではテレビデバイスへの対応は2018年度内(〜2019年3月末まで)が予定されています。

au ビデオパス と dTV 結局どっちがおすすめ

料金的にはau ビデオパス 562円 でdTV 500円 で一見dTVが安くていいように見えるが、au ビデオパスは毎月540コイン (有効期間は45日間)(540円相当)がつくので、新作を多く見る方であれば、圧倒的にau ビデオパスが得である。しかし、有効期間は45日間しかなく、毎月タイミングよく見たいものがあるとは限らない。よって料金に関しては見たい作品によるとしか言いようがない。

作品数的には au ビデオパス 1万本dTV 12万本 ともう比べる必要もないくらい本数が違います。実際は自分が見たい作品がどれだけあるかが重要なのですが、dTVサイトを見ても分かるようにラインナップは国内TOPクラスで間違いありません。

対応機種的には スマホ主体で視聴する方にはほとんど関係ありませんが、他の機種、特にTVで見る方には注意が必要で、この際は対応機種があるかを公式サイトにて確認しての選択になる場合が多いかと思います。

結論から言いますと圧倒的にdTVがお得でオススメです。

映画を毎月みるならau ビデオパスが超お得!

圧倒的に魅力的なですが、dTVですが、au ビデオパスにしかない魅力が一つあります。

au ビデオパスに映画が一部割引になるサービスがあります。これはdTV他 動画有料配信サイトではないサービスなのでとても魅力的です。月1回、映画を見る方なら、元を取るどころかそれ以上お得ということが出来ます。

(例:TOHOシネマ (毎週月曜日)大人料金¥1800、大学生¥1500 → ¥1100 ※1回に月同伴者1名も割引、高校生以下900円)

最新の詳しい情報は公式サイトにてご確認ください。

【配信情報は2018年8月17日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。】

関連記事

  1. 動画配信比較

    時代劇を見るのにオススメの動画配信サイトは?

    いまでは、めっきり少なくなった時代劇。では動画配信サイトで多く作品が見…

  2. 動画配信比較

    巨人戦の中継をネットで見る方法

    巨人戦の中継をインターネットで見る方法昔は巨人戦といえば、テレビ中…

  3. 動画配信比較

    クレヨンしんちゃんが見れる 動画配信サイト

    クレヨンしんちゃんが見れる動画配信サイトはどこがおすすめ?子供…

  4. 動画配信比較

    名探偵コナン 動画配信サービス おすすめのサイト

    大人にも子供にも大人気の名探偵コナン。有料チャンネルだとアニマ…

  5. 動画配信比較

    U-NEXTと楽天TVのプレミアム見放題 (by U-NEXT)を比較

    2017年9月15日 u-NEXT ポイント数表示 更新U-NEX…

  6. 動画配信比較

    スーパー戦隊/仮面ライダー おすすめ有料動画配信サービス ベスト5

    1971年より開始された石ノ森章太郎原作・東映制作による特撮テレビドラ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 動画配信比較

    ドラえもん 動画配信サイト 映画も見れるオススメサイト
  2. 動画配信比較

    楽天TV(ショウタイム)とショウタイム(ShowTime)の違い
  3. 動画配信比較

    U-NEXTと楽天TVのプレミアム見放題 (by U-NEXT)を比較
  4. 動画配信比較

    スーパー戦隊/仮面ライダー おすすめ有料動画配信サービス ベスト5
  5. 動画配信比較

    au ビデオパス と dTV を比較 どっちがお得?
PAGE TOP